【木工職人】天下泰平の作り方

天下泰平を作ろう!

レベル上げにも、金策にもなる天下泰平!!現在の結晶装備なので回転も結構良いです。

しかも作るのがめちゃくちゃ簡単!!木工なので計算が出来ないとお話になりませんが、4ターン経過で回復する戻り商材なので、やり直しが何度もできます。

おすすめの木工刀

木工刀できのよさ
★★★
プラチナ木工刀★★★がオススメ!

会心を狙う事もあるので、★★★がいいです。集中力はかなり余裕があるのでプラチナで問題ありません。

基準値


許容誤差は2までです。

天下太平の手順

※調整とかの理由が知りたい場合に参考にしてください。数値が違うのに全く同じ彫り方をしてもうまくは行かないので、あくまで参考程度でお願いします。

1.ひたすら双竜彫り

途中でダメージを確認します。

順目双竜彫り(下側)の最大ダメージが26なので、このまま双竜彫りをしてしまうと121となっているところが基準値を超えてしまうかも知れません。

2.双竜彫り

現在のダメージがこのようになりました。出来れば、132となっている場所から調整をしていきたいので、そこから削って行きます。

3.昇竜彫り
132→基準値まで残り10ダメージなので、逆目昇竜の上をあてに行きます。5~8ダメージの範囲で7が最も出やすく、次いで6が出やすいです。6か7がでた場合は逆目カンナで基準値の142が狙えます。
129→基準値まで残り13ダメージなので、逆目昇竜の下をあてに行きます。9~13ダメージの範囲で13がでれば基準値ちょうど、12なら誤差1で済みます。9~10ダメージなら逆目カンナで基準値の142が狙えます。11が出たらオーバーさせて回復ねらいになります。

いい感じに逆目カンナが狙えそうですね!

4.カンナがけ
逆目カンナは、3か4ダメージで確率はどちらも50%です。なのでどっちかは4出るでしょうとか思っていました・・・。
出ませんでした。。

このままだと、残り2カ所を誤差0に収めないといけないで辛くなってきます。という事で、141になっているどちらかを回復を使って調節していきます。

5.大河彫り
141→逆目大河の左側のダメージは、9~13ダメージです。回復が12~16なので、最大ダメージの13が出て最小回復量の12が出たら基準値に入ります。あとは変わらずか回復量のほうが多く何かしらで削って調整になります。

6.大河彫り2回
オーバーさせたところの回復が発生するまで、他のところを適当に削って調整します。


適当に削っていたら回復が発生しました。12ダメージ与えて12ダメージ回復とかいう一番困るものがでましたね・・・。

7.大河彫り
また141なので、5でやったのと同じ理由で逆目大河の左側をあてていきます。

8.くさび打ち→カンナがけ
137→142までは残り5ダメージです。もっとも5ダメージが出やすい(50%で5ダメージ)のはくさび逆目カンナなのでそれを使って5ダメージを狙います。

残念なことに7ダメージが出たので、誤差2の144になってしまいました。これも回復で調整しないといけませんね。。

9.昇竜彫り
112のところを削りながら、144をオーバーさせます。

手順7で2度目の回復ねらいをしていたところが回復しました。137なので誤差が5ですね・・・なので、くさび逆目カンナ狙いになります。
136になったところは誤差6なので、順目カンナか逆目流星の右上をあてることになります。順目カンナは150のところが回復待ちで表面固めを使えないので逆目流星の右上を

10.流星彫り
6ダメージが出たので、基準値の142になりました。

11.表面固め→くさび打ち→カンナがけ
くさび逆目カンナで5ダメージを狙います。

5ダメージが出たので、ここも基準値の142になりました。
ついでに回復が発生して残りの1カ所が、135になりました。誤差1以内に収まれば大成功になりますね!

12.大河彫り
135→逆目大河の右側なら5~8ダメージです。6,7,8の場合は誤差1以内なので大成功になります。
8ダメージ!
大成功確定ですね!
13.大成功
お尻向けちゃった画像しかなかったけどやったー!!

1ページ分作った中で最も手直しの多かったものを手順の参考として出してみました。

天下泰平のコツ

基準値に合わせて行く順番!

他が完成している場合、逆目カンナを使おうとしたら、表面固めをしないといけないのは全部同じです。

でもダメージをオーバーさせて回復ねらいをするときに、昇竜とか大河とか流星とかを使ったりします。その時に必ず表面固めをする必要が出てしまうので、①を最初に調整していきます。

双竜を使って①から調整して行った場合、ダメージ入ってる順番は②→③→④となります。後はこの順番に調整していきます。

回復ターンを有効に使う

4カ所すべて彫り終わってから、誤差3以上になった時に調整をするようにしてしまうと、今までの回復ターンはすべてダメージをオーバーさせていないところで発生することになります。

そうなると余計に削ることになったりしてしまうので、回復を使った調整と他の場所を削っていくのは並行してやったほうが良いです。

①の場所は、誤差1までは気にせず調整もしません。誤差2とかになったら調整するようにしています。

②の場所は、①と合わせて誤差2になってしまったら調整しています。①と②両方合わせて誤差1なら調整はしていません。

残りの③と④は①と②の誤差次第になってきます。よっぽど調整が多くなっていなければ、集中力にも余裕があるのでくさびねらい打ちなども狙ったりします。

おまけ

とりあえず1ページ分作ってみました!
14個中13個大成功!

少し適当に作っても大成功が8割前後は作れます。

ちなみに1個だけ★1になっていますが、ボーっとやっていたので基準値ピッタリのところに順目大河彫りの左側をあてて死んだやつです・・・。ボーっとしてなければ全部大成功だったと思います。

元気玉1個で20個くらいは作れます!これを書いている日の相場で、元気玉1個分作れば90万~100万くらいは稼げます。結晶装備の中ではまぁまぁ稼げる方でしょうか?

2 件のコメント :

  1. 完全に相場が崩壊しましたね。

    返信削除
  2. まもがつかえる天馬大剣と違って回転そんなによくないんだから書くなよ
    扇なんて結晶ではニッチなんだから人増えたら一瞬で終わる商材なのに

    返信削除

上に戻る